安全に除菌・消臭・ウィルス対策できる弱酸性次亜塩素酸水『CELAセラ』

六 感 / 株式会社チャンネル・ネッツ

従来の次亜塩素酸水ナトリウムとの違い

従来の塩素系除菌消臭剤とは大きく違い、塩素ガスの発生がなく、
直接肌に触れても人体に殆ど影響を及ぼすことがないので安心です。
水素イオン指数の制御を可能にした次亜塩素酸(HCIO)を主成分とする弱酸性水です。

 

CELAセラは、殺菌効果のある次亜塩素酸ナトリウムの欠点をなくし、利点のみを引き出した
弱酸性次亜塩素酸水です。従来のカビやまな板等の除菌剤、及びプールや水道水に含まれる
次亜塩素酸ナトリウムは、取り扱いが危険なばかりでなくpH12以上の強アルカリ性であり、
希釈しpH8前後の希釈次亜水にしなければ次亜塩素酸の殺菌効果が得られません。
また、希釈次亜水ではCELAセラの1/8程度の殺菌効果しかありません。
CELAセラはpHを6.5程度にした弱酸性水なので、安心して消臭・除菌に利用できます。


CELAセラが選ばれる理由

独自の製法によりpHを6.5前後に安定させても、塩素系ガスや塩化水素が発生しません。

     ※pH6.5とは普段ご使用されている化粧品や肌と同じです。

次亜塩素酸(HCIO)の働きにより、強力な除菌作用をもたらす領域を100%に近い状態で保有します。

 

  ※次亜塩素酸水は除菌に非常に有効な機能水です。

  有効塩素存在率が100%に近いほど除菌効果が
  ありますが、高すぎると生成時に塩素ガス発生の
  危険性もあります。

 

  逆に安全性を考えた次亜塩素酸ナトリウムを主成分と
  する塩素系除菌液は、pH(水素イオン指数)を10
  程度にしています。使用する際は水で希釈しますが、
  有効塩素比率は20%程度です。

 

  CELAセラは有効塩素比率を100%近くまで
   高めながらも、塩素ガスが発生する心配がない
  pH6.5で安定生成される弱酸性水です。

 

  菌やウイルスに対し高い除菌効果を発揮し、
  安全性も高い、まったく新しい除菌液です。

 

pHが弱酸性で肌や人体にほとんど影響を与えません。原液が身体に付着しても安心・安全です。

  ※無着色・無臭ですのでアルコール製剤のように臭いが気になる、肌がカサつくといったこともありません。

除菌効果のスピードは次亜塩素酸ナトリウムの約80倍です。瞬時に除菌と消臭をおこないます。

  ※取扱いが難しい漂白剤などの次亜塩素酸ナトリウムのように希釈して使用することなく、そのままご使用いただけます。

遮光下での長期保存・流通が出来ます。(約6ヶ月前後)

  ※次亜塩素酸分子(HOCl)の安定度が、電気分解、希釈混合水方式の次亜塩素酸水とは大きく違いますので、
    保存性がとても高いです。保存性を実証するためCELAセラでは第三者機関による長期保存試験(6カ月)をおこない、
    有効塩素濃度が著しく低下しないことを実証。さまざまな分野に安心して利用できます。

熱的安定性があります。(80℃の加熱条件下でも除菌・消臭効果があります)

  ※温度を60℃に上げても次亜塩素酸(HOCl)の分子構造は変化せず、安定した状態を保ち、酸性に傾く事はありません。
    次亜塩素酸ナトリウムに対し、CELAセラは1/3のppm(塩素濃度)にし、55℃の温水を使った同等性試験を
    第三者機関でおこなった結果、同等の効果が認められました。温水を使い卵の消臭・除菌をおこなう、
    GPセンターや養鶏所では高い効果と共に、コスト削減も期待できます。

酸性水・電解水・混合水に比べてサビの発生がほとんどありません。

  ※塩酸が発生しないため水と同程度です。

菌・ウィルスのみに即反応し、人畜無害です。

     

  ※殺菌剤や消臭剤の中には、使い方や作り方を誤ると
   人体に悪影響を及ぼすものも少なくありません。
   誰もが安心して使え、環境にも悪影響を与えることのない
   CELAセラは、次世代の消臭・除菌液としてさまざまな
   シーンで活用することができます。

 

CELAセラの安全性

 

CELAセラは消臭力と除菌力に優れた次亜塩素酸水です。
効果が強いほど心配になるかと思いますが、安心してお使いいただけるよう、
安全性試験を公的機関でおこない、安心・安全を実証しています。

 

 

 

 

             試験結果をご覧頂いても分かるように、大腸菌試料液の初菌数は108以上
             あったものがCELAセラでは陰性になっています。
             アルコール70%の場合では100%の除菌がおこなわれていないことが明解です。
             菌の増殖は30℃前後の温度帯では乗数の早さで繁殖します。
             このテストでのアルコールの除菌ではすぐに初菌数まで菌が増殖してしまいます。
             一方、CELAセラでは陰性になっているため菌の増殖はありません。

 

   


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 選ばれる理由 よくあるご質問 宅配プラン 会社概要